AIM

株式会社 北九州輸入促進センター

TEL093-551-8828

お問い合わせ

元気のもり インフォメーション

<大人>のご挨拶と2015年1月の休館日

年末モード、むつみです。

年末のブログはたいへんなんです。書きたいことがありすぎるから。

 

たとえば、先月につづいて澤口俊之さんの脳科学の話、そこから連想した生態学的ニッチと子育ての不思議な関連についての考察、元気のもり開館記念日(12/23)や冬休みのイベント告知とレポート、クリスマスから正月にかけての節操はないが愛すべき日本の年中行事について、年賀状のこと、元気のもりでの子どもたちの様子。・・・あるなあ(笑)

 

年末って、年内におきた元気のもりに関係する話を、つよい義務感をもって、もれなくアナウンスしたくなってしまいます。

でも、これは、あまりカッコイイ大人のふるまいではありませんよね。義務感をかかえてまで、わざわざアナウンスすべき(したくなる)状況というのは、ビジネスにおいては、もっとも避けるべき事態です。

 

ためこんだものを一気にまとめて一回で放出するよりも、日々整理し、必要におうじて瞬時に引用できる状態にしておくほうがよいのです。そうでなければ、不意におこる想定外の事態に対応できません(たぶん)。

 

「予定されたことは完璧にできますよ。でも、いきなり言われてもできるわけないじゃないですか」

 

こういうイノセントでナイーブな対応は、社会人としては失格だというのは、新入社員のときにだれもが教示されることのひとつです。

 

想定外の事態に可及的すみやかに対応するためには、一気にまとめてはいけません。まとめての処理というのは、ふつう、時間がかかりますから。不測の事態に時間をかけて対応していたら、たいていの場合、事態は悪くなります。

つまり、物事をよいほうに転がすには、その日のことはその日のうちに片づけておきましょう、ということです。あたりまえの話でもうしわけありません。でもそうなんですよ。あくびしながらでもできる程度のわずかな入力作業を、「明日にまとめてやっちゃおう」と先送りしないこと、それが社会人として最低限のスキルです。(耳が痛い)

 

ですから、立派な社会人であるべき僕(笑)が、ここで書くべきことは、じつは決まっているのです。「すでに用意している(ようにみえる)ブログ案」のなかから、「必要に応じて引用した(ようにみえる)こと」をしるせばいいのです。どうぞご笑覧ください。

 

おつかれさま なお対州馬です

 

みなさん、こんにちは。

午年も残すところあとわずかとなりましたね。しかし、元気のもりは12/30まで元気にギャロップ(疾走)で営業いたしますよー!

冬休みですからね、イベントも目白押しです。

もりだくさんで紹介しきれません(笑) 詳しくは公式サイトイベントページ(→コチラ)をご覧くださいね♪

 

本年も、ご利用者や各関係者の皆様にはたいへんお世話になりました。

2015年も、子育てふれあい交流プラザ”元気のもり”を、どうぞよろしくお願いいたします。

 

よいお年を!

 

 

なお、新年は1/3から営業いたします。また、2015年1月の休館日はコチラ。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

1月

1(木)、2(金)、20(火)

 

蛇足な補足:

大人とは、自分の内面(の動揺)に関係なく、必要なときに必要なふるまいをして、必要なセリフが口をついてでてくる人のことをいうそうです(笑)

身も蓋もないですね。でも、家族の前だと、自信がなくても胸をどんと叩いて、「パパにまかせろ!」っていっちゃうのだって、おなじことですよ。形式が内面をはぐくむのだ。なんちて。